自然健康食品

美容・健康・Happyを追求する毎日の新習慣

メディカルハーブとは

美容・健康・Happyを追求。

もっといい女に磨き上げる・・・わたしの美物語

ご購入はこちらから

健康的な生活を続けたいあなたに!
運動している女性の為に【Beau-TEA】

美女はなぜスポーツにハマるのか!?

運動している人が鉄分を取ると
こんなに良い事がおきる!

鉄分は、世界三大欠乏微量栄養素の一つとして問題視されており僅かしか摂取できないのに
月経による鉄分の放出・発汗による鉄分の放出などと女性のトラブルの元凶は鉄不足なのです。それなのに生理の後に何もケアをしない…それでは、お肌、婦人科、精神面とトラブルが起きて当然です。

そこで運動している人がBeau-TEAを飲むか、運動中のマイドリンクに鉄分を足すかすると、こんなに良いことが増えるのを知っていましたか?Beau-teaの鉄分は小松菜の15倍の鉄分を含んでいます!その他、カルシウムの含有量は牛乳の27倍です。

まずは、その一つをご紹介します。

飲むドリンクによって変わる身体の比較を下記の表にあらわしました。

  ドリンク:プロテイン
栄養素:タンパク質
  ドリンク:Beau-TEA
栄養素:鉄分
体作り 筋力をつけたゴツゴツ
した体作り
  ハリ・弾力、みずみずしさ、
やわらかな肌作り
健康 免疫力の低下予防   冷えしらずな体作り
若さ 体力増強   新陳代謝のup
肌のキメを整える
肌のターンオーバーの
正常化

お薦めの飲み方
(例) 普通:Beau-TEA+水
アスリート:Beau-TEA+ポカリスエット・Beau-TEA+ヴァーム

鉄と女性

鉄と女性

女性に圧倒的に多いのが鉄欠乏性貧血です。
貧血全体の約7割に見られ、思春期には生理が始まり、大人への身体作りに鉄を多く必要とし以後も生理中には多量の鉄を失います。妊娠中は胎児への栄養補給に通常の1,5倍の鉄を必要とし、更年期には不正出血が続いたり、ストレスをいつも以上に感じて、鉄などのミネラル分が不足することがあります。高齢になるほど身体の組織がもろくなり、気づかずに微量の出血が続いたり年齢を問わず、口内炎や抜け毛が貧血のサインになることも。

生理、妊娠、出産、授乳などにより男性よりも多くの鉄が必要。
体内の組織や臓器を形作っている細胞はすべて血液によって酸素の供給を受けエネルギーを作り出して活動しています。女性の場合には卵巣や子宮といった女性特有の臓器も、酸素不足から機能が低下してしまうのです。

鉄と冷え

鉄と冷え

低体温になると血液も冷えます。

人間は動物ですから、動物性の脂を想像して下さい。冷蔵庫に入れたらどうなりますか。白く固まります。それが血液中でも起こるのです。 皆さんは血液浄化という言葉を聞いたことがありますか?

血液浄化とは体外に血液を引き出して主にフィルターで浄化する治療です。その応用として血液の温度を上げたり下げたりすることがあります。温度を下げれば血液粘度が上がります。すなわちドロドロになります。温度を上げれば逆にサラサラになります。ということは、温度が下がると血液の流れが悪くなり、必要なものや不要なものの処理能力が低下します。
栄養素や酸素が届かなければ、ホルモンや神経伝達物質など重要な物質の産生に影響が出ます。

我々の身体は毎日毎日入れ替わっています。新陳代謝ですね。要らなくなったものは血液を介して腎臓、肝臓に運ばれて排泄されます。血めぐり不良では老廃物が溜まります。たとえばリボフスチンという色素が肌に沈着しても、血めぐりが悪ければ運び出すことが出来ません。また、老廃物が血管の途中に溜まったら、ますます血行障害が進むわけです。血液は熱も運びますので、さらに低体温が悪化します。低体温↔︎血行不良という負のスパイラルが出来てしまうのです。

体温に必要な食事

体温に必要な食事

私たちの身体は、どうして37度〜36度にいつも保たれているのでしょうか?

死んだ人はどんどん冷えていきます。生きている人が37度〜36度あるのは、身体の中で絶えず何かを燃やしているからなのです。食べた物が熱を出していることを見つけたのは、フランス革命の頃のラヴォアジェという天才と言われた科学者が身体の中で炭素が燃えている、それも外から取り込んだ酸素を使って燃えている。そしてそれが炭酸ガスとして出てくることを発見しました。

この酸素を取り込んで炭酸ガスを出している。それを呼吸と言います。

呼吸は大きく外呼吸と内呼吸に分けられます。外呼吸とは肺で肺胞を通って酸素が体内に取り込まれます。赤血球が取り込んで、これを細胞の方へ運んでいきます。細胞の中では、ブドウ糖を燃やしてエネルギーを生み出します。ミトコンドリアという所で生み出されるアデノシン三リン酸が身体中に回って、あるいは個々の細胞のエネルギー源となり、動力源になる仕組みになっています。

それで出来たものは炭酸ガスや水になり、炭酸ガスは肺胞に運ばれます。

体温に必要な運動

体温に必要な運動

運動するというとガンガン動いて息が上がってしまうくらいやってしまう方、多いですよね。

それは体温を上げる為に必要な運動には向いていないのです。
息が上がらない程度の運動をゆっくり、少し長め(20〜30分)行う事で
熱量がどんどん上がり冷えの解消に繋がります。

理由はゆっくりと酸素を取り入れる有酸素運動を行う事で、体内にミトコンドリアが
増えて熱量を多く産生することから身体が暖まり体温が上がります。

体温と免疫

体温と免疫

全体として代謝が12%〜20%下がると、免疫も約30%下がると言われています。

免疫が落ちれば感染症にかかりやすくなります。
がんなど異常なものが出てきたときにそれを掃除しているのも免疫です。
代謝が落ちればメタボリック症候群等が出てきます。
女性ホルモンが作れなければ月経に異常をきたします。
うまく排卵できないということであれば不妊になってしまいます。

神経の伝達物質であるセロトニンがトリプトファンから合成されなかっ たらどうなりますか。うつに限らず様々な精神病が起きてもおかしくないわけです。すなわち冷えるということであらゆる病気が起きてくる可能性がある、これが結論になります。

冷え性は女性ホルモンの大敵

冷え性は女性ホルモンの大敵

冷え性の根本は血液の循環が悪くなることですが・女性に冷え性のが多い理由はいくつか考えられます。

男性に比べて筋肉量が少なく脂肪が多いこと、骨盤を支える筋力が弱く歪みやすいこと、そして女性ホルモンの働きによる原因が考えられます。

人間の体内では、体を動かしていないときは内臓が、体を動かしているときは筋肉が熱を発生させています。その熱を血液が全身に運んで手足を温め熱を奪われた血液は温かい体の中心部に戻ります。体が冷えると血液の循環が悪くなり、卵巣をはじめあらゆる内臓の機能が低下します。

そのため、自律神経や女性ホルモンがバランスをくずし、便秘、生理痛、整理不順などの不調を引き起こすのです。卵巣の血流量が低下すると卵子の育ちが悪くなり、ときには不妊にも繋がるので、放置せず、早めに冷え対策をとりましょう。

冷え性の目安は、手足の冷え以外にも内臓の冷えがあります。現代女性は低体温の人が増えていますが、36℃より体温が低ければ自覚はなくても冷え性です。

運動とは運を動かすと書きます。運を動かしている人ほど美女になれるということなんですね! アメブロではことわざ「色の白いは七難をかくす」また「気軽に美白生活」はじめ他にも面白い情報を掲載しています。 メディカルハーブ Beau-Tea 飲みやすい分包(スティック)の粉末型の健康ドリンクです。 1箱150g 3g×50袋 3,900円(税込4,212円)
ご購入はこちらから

健やかな妊娠・出産・育児のために知っておくことは?

妊娠前の体調管理 … 大切な栄養素とは「葉酸

妊娠前の体調管理 … 大切な栄養素とは「葉酸」

まず最初に注目して欲しいのは、国内では年間約500人の二分脊椎(神経管閉鎖障害)の赤ちゃんが生まれています。
(日本の女性で葉酸が足りているのは4割に過ぎない)と言うことです。

神経管閉鎖障害には、①二分脊椎 ②無脳症 の二つがあります。

赤ちゃんは、お母さんを選べません。健康なお母さんの元に宿りたいと願っている赤ちゃんの思いに応えてしっかりと食事を取っていますか⁉

葉酸は、春菊、モロヘイヤ、ホーレン草、牛レバー、枝豆、アスパラ、とうもろこしなどに含まれます。

ここで大切な事があります。それは、葉酸と鉄分が不足すると妊娠しにくくなります。原因は、黄体ホルモンの鈍化、生理不順によるものです。これは、過剰制限のダイエットをおこなった女性が陥りやすい症状です。

日400ugの葉酸を妊娠の最低1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで摂取すると、神経管閉鎖障害を75%減少させることが分かっている。

神経管の閉鎖は妊娠直後から妊娠6〜7週で完成する。つまり、妊娠判明後からの内服では遅く無計画な妊娠の場合は内服をしていなかった場合で、筆者が経験的に多いと感じている原因は、単に患者が葉酸内服の必要性について、「知らなかった」という場合である。妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までが葉酸推奨投与期間となっているが水溶性ビタミンであるため長期間内服しても全く問題はない。
さらに、新生児期の造血にも葉酸は必要であるため、授乳期にも葉酸は、より多く摂取しなければならない。わが国の葉酸の摂取状況の詳細は下記の文献を読んでいただきたい。

妊娠の初期にとるのが重要

「おなかの中の赤ちゃんの脳と脊髄の原型は妊娠6〜7週までにできてしまうことです。」
そのため、妊娠がわかってから葉酸をとり始めたのではリスク低減の効果が得られないことがあります。そこでアメリカのFDAは98年に妊娠の4週間前から妊娠12週までの妊婦さんはもちろん妊娠可能な女性すべてが積極的かつ手軽に葉酸がとれるよう、パンやシリアル、パスタなど毎日食べる穀物製品に葉酸を添加することを義務づけるなど徹底した葉酸強化の策がとられました。これによってアメリカの二分脊椎の発生率は大幅に低下し、現在、欧州では妊娠の有無にかかわらず女性の葉酸摂取量を1日400ugとするのが主流になっています。

葉酸の取りすぎによる悪影響は?

葉酸は水溶性ビタミンなので体内に多くは蓄積できません。ですから、毎日コンスタントに摂取する必要があります。多めにとったとしても過剰分は尿中に排出されると考えられています。現在までのところ、葉酸のとり過ぎによる疾患や弊害は報告されていませんが、摂取量の上限は「1日1000ug」とされています。日本の女性、妊婦さんは400ugにも達していないのが現状ですから、とり過ぎについて心配する必要はないでしょう。

葉酸、鉄分、大豆イソフラボンなど女性の為のバランスをBeau-TEAは考えています。 アメブロでは
・ことわざ「色の白いは七難をかくす」また
「気軽に美白生活」はじめ
他にも面白い情報を掲載しています。 メディカルハーブ Beau-TEA 150g(3g×50袋)4,212円
ご購入はこちらから